ローンを申し込みローンを申し込むとき

住宅ローンの借り換えをする時には、諸経費の項目はよくチェックしておきましょう。事務手数料や、保証料などの諸経費は意外とばかになりません。

住宅ローン

返済をしやすいうようにと、住宅ローンの借り換えをする人は多いですが、その際に意外と重視する必要があるものが、諸経費の項目です。

金融会社によって、借り換えにかかる経費には違いがありますので、申し込み時にきちんと調べておくことが大事です。せっかく低金利の住宅ローンに借り換えたのに、手数料が相当加算されてしまっては、結局返済の負担は高いままです。

住宅ローンの借り換え時に発生する諸経費とは、保証料や、事務手数料で、これは借入とは別に発生します。メガバンクや都市銀行では保証料が大きな割合を占めるので、事前にチャックすることが大変重要なポイントです。

保証料を0円にして融資を行っているのは、インターネットの銀行になります。ですが、事務手数料がネット銀行は高くなりやすいので、やはり借り換えについては、費用がかかると考えていいでしょう。

保証料0円という言葉が魅力的に感じたとしても、結果的にメガバンクや、都市銀行と、ネット銀行の手数料は大差がないことがあります。この他、仮に、前の住宅ローンを借りた時に、保証料を一括で払っていた人は、借り換えに当たって住宅ローンを前倒しで返済をすると、保証料が一部返金されることがあります。

保証料が戻ってくることも考慮に入れた上で、住宅ローンの借り換えをしたほうがいいかどうかを調べてください。保証料は繰り上げ返済をして、返済期間を短縮すれば戻ってくるのに対して、事務手数料は戻ってきません。

事務手数料や、保証料などの諸経費がどのような支払われ方をするのかを理解した上で、住宅ローンの借り換えを考えるようにしてください。

関連記事